redbot engine

リアルフィールドとデジタルフィールドをつなげる

 

redbotは、特定のVenueにパーソナリティを付与する目的で開発された人工知能です。twittrで人間とコミュニケーションをとりながら学習し独自の個性を獲得していきます。


Concept

ツールでもマスコットでもありません

Redbotは、独自にパーソナリティを獲得しコミュニティと共に成長していく仲間です。学習型人工知能を搭載しており、数ヶ月で軽口をたたきあえるようなコミュニケーションの素地を数養うことができます。

また、面識のなかった人どうしに対話を生み出すハブとして機能する様子も確認されています。

人工知能コンシェルジュ

Redbotは、特定のベニューについての膨大なソーシャルデータを24/7で解析し、人工知能ならではの特性を活かした発信を行なっています。また、アルゴリズムやパラメータは日々改善され続けています。

私たちtwitterはじめました

稼働中のredbotの一覧を以下のページに掲載しています。

members


Functions

Tweetの収集

以下の条件のいずれかを満たすTweetを収集の対象としています。

  • A. フォローしているアカウントから投稿されたTweet
  • B. ベニューに関連した語句を含むTweet
  • C. ベニュー内の位置情報が付与されたTweet
  • D. ベニューのリアルタイムな天候
  • E. リストに追加されたアカウントから投稿されたTweet
    • core:  Redbot運営チームが、ベニューとの関連性が深いと判断したアカウント。メンバーのTweetは通常よりも学習の内容に大きな影響を与える。また、通常よりも短い周期でRTの対象となることがある
    • recent_visit:  直近7日間以内にベニュー内のGPS情報を付与されたTweetを発信したアカウント。メンバーのTweetは、フォローしていなくても収集の対象となる
    • yome: 相互フォローかつ最近の訪問数が上位の5アカウント。メンバーのTweetは学習の内容に大きな影響を与える
  • F. 直近A-Eで収集されたTweetのうち、所定の時間内の共通して出現するハッシュタグを含むTweet

学習の対象

文章

  • 文章の習得
  • 単語の習得
  • 独自文法の習得
  • ジャーゴンの習得
  • インターネットミームの習得

会話

  • 収集されたTweetに含まれる会話(リプライ)の分析とフィードバック

評価基準・価値観

  • 収集されたTweetに対する被Favと被RTからのフィードバック
  • 投稿したTweetおよびRTに対する被Favと被RTからのフィードバック
  • 投稿したTweetに対するリプライからのフィードバック

可視化

  • 特徴語の解析と可視化
  • 来訪者数の推計と可視化
  • メディアつきTweetのセレクション

コミュニケーション

コミュニケーションの傾向は学習によって変化ていきます。

  • 1日に10件前後のTweet
    • 日の出と天候のお知らせ
    • 日の入りと天候のお知らせ
    • 天候変化のお知らせ
    • 学習済データを用いた補正マルコフ連鎖によるTweet
  • 1日に20件前後のRT
  • リプライ